So-net無料ブログ作成
検索選択

2008-07-08 [equipment]

さて、今回はレッスンで使ってる教材を紹介しますね。
まずは



これは、言わば指の筋トレマシーンみたいなもんですw
ピアノを弾くには、10本の指が独立して力強く動かないといけません。
しかしながら、薬指は肉体構造上、非常に独立して動きにくくなっています。
このリトルピシュナは効果的に薬指の独立を促してくれます。
特に速いパッセージがあるわけでは無いのですが、親指で一音押さえっぱなしにして薬指小指を交互に動かす、とか
物理的に追い込むトレーニングが中心です。
僕も毎日・・・とまではいきませんが、暇が出来るとやっています。
一通りやると、薬指、小指が別物になったような感覚になりますよ。




Teaching is learning

週に一日、専門学校キーボードを教えています。
今日は授業でした。
200806231429000.jpg
授業の様子です。
皆真面目ですね〜〜
・・・・・・・・・・・嘘w
200806231221000.jpg
こっちは学食。 元気でしょ?w

 教える事は学ぶ事、なんてよく言いますが、本当にそうですね。
個人レッスンをやっていても授業で教えていても、漠然としていた知識が整理される感じがします。
Tシャツをちゃんと畳んでしまう、みたいなねw

自分の事はよく分からないもので、ある弾き方をマスターしていても、
「何故出来るのか」「どこがどうなってるから出来るのか」
という事をキチンと考える事なんて無い訳ですよ。
教える事でTシャツをきちんと畳んで色ごとに整理してしまう様に、仕組みを理解するんです。

出来る限り生徒達にフィードバックしなきゃ、と思いますねぇ。

個人レッスンでは下記の教材を使っています。
次回は詳しく教材の内容を紹介しますね。




ジャズピアノテクニカルメソッド ジャズの練習

ジャズピアノテクニカルメソッド ジャズの練習

  • 作者: 中島 久恵
  • 出版社/メーカー: ドレミ楽譜出版社
  • 発売日: 2004/06/03
  • メディア: 楽譜



ではまた!

肘が痛いライブw [live]

あれだよ。ライブの前日にバイクでこけるという大失態をやらかしてしまったのさ。
そんなに大した事なくて、小学生のような擦り傷を膝に作ったくらい。
やっちまった〜。

肘が猛烈に痛いけど、ライブ中は感じ無いんだよねー。
終わって一杯やると急に痛み出すんだよ。人間ってうまく出来てます。
080629_2.jpg

今回はモニターがイマイチで音量調整が難しかったな。
B3系を弾く時は細かい音量調整が鍵なので、モニターがダメだと辛いんだよなぁ。
鍵盤の人はみんな大変だと思うよ。キーボードモニターが別にあればいいけど、なかなか用意出来ないしね。

次の綿内さんライブは8.22 まだ編成も決まんないけど、多分やるのかな?
こうご期待!




nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:音楽
メッセージを送る

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。

×

この広告は1年以上新しい記事の更新がないブログに表示されております。